リウマチとは

2014-05-10

リウマチとは、関節や関節の周囲の骨、腱、筋肉などに痛みが起きる病気をまとめてリウマチ性疾患とか単にリウマチと呼びます。一般的にリウマチといえば「関節リウマチ」のことを指しています。「関節リウマチ」はリウマチの中でも特に患者数の多い病気となっています。

リュウマチの原因は、現在まだ完全には解明されていません。
発症者は女性の割合が圧倒的に高いのですが、その原因もはっきりとしていません。

主な症状としては特に、「関節の痛みや腫れ」、「だるい・疲れやすい」、「朝のこわばり」が特徴的です。以下、症状について、簡単に説明します。

(1)関節の痛みや腫れ
関節リウマチの主な症状は、関節の痛みや腫れです。
(2)だるい・疲れやすい
関節リウマチでは、だるい・疲れやすいといった全身の症状がみられることがあります。
(3)朝のこわばり
関節リウマチでは、朝起きた時に手を動かしにくい、足がうまく動かない、ということがよくあります。これは「朝のこわばり」といわれる症状です。

次に、リュウマチが進行するとどうなるかですが、体のあちこちの関節に症状が起き、骨や軟骨がこわれていきます。

特に、関節リウマチでは、ひざやひじ、手首の関節や足の指など、あちこちの関節に症状が起きることが少なくありません。たとえば手指の場合、指先から2番目の関節(第2関節)とつけ根の関節(第3関節)に腫れが生じることが多いと言われています。

関節の症状が進むと、関節の中の滑膜という部分が増えて腫れあがり、やがて軟骨や骨をこわしていきます。適切な治療をしないまま破壊が進むと、関節の形が変わって動かなくなり、日常生活にも支障をきたすようになります。

関節以外にも、全身にさまざまな症状があらわれます

例えば、関節リウマチの症状は関節だけでなく、微熱、疲れやすい、食欲がないなど全身に症状があらわれることがあります。また、関節の炎症が肺や血管などに広がることもあります。

関節以外の症状の例としては、以下の様なものがあります。

(1)だるい・疲れやすい
全身に疲労感やだるさが出ることがあります。微熱が出たり、食欲がなくなり、体重が減ることもあります。

(2)貧血
関節リウマチの患者は貧血になることがあります。

(3)肺の炎症
肺に炎症が起こり、息切れや呼吸困難を起こすことがあります。また、気管支や胸膜にも炎症が起こることがあります。

(4)皮下結節(リウマトイド結節)
ひじやひざの関節の外側、アキレス腱、後頭部など、皮膚の下に骨があり外から圧迫されやすい部分に、痛みもかゆみもないこぶのようなしこりができることがあります。

(5)目の炎症(強膜炎・上強膜炎)
目の白目の部分である「強膜」に炎症が起こり、毛細血管が広がって充血することがあります。「強膜炎」といい、とくに強膜の表面の部分のみに起こった炎症を「上強膜炎」と言います。

(6)血管の炎症(リウマトイド血管炎)
血管の炎症によって、酸素や栄養が十分に行きわたらなくなり、発熱や心筋炎、胸膜炎、皮膚の潰瘍など、全身にさまざまな障害があらわれることがあります。

商品ランキング

第1位UC・Ⅱ(日本メディカル研究所)

日本メディカルのUCⅡは、関節痛によいとされる、グルコサミンの中でも非変性2型コラーゲンというコラーゲンを効果的に摂取できるサプリメントです。アメリカでも注目されているコラーゲンで、関節痛でお悩みの方におすすめのサプリメントです。

公式サイトはこちら

第2位ヒアルロン酸+グルコサミン(キユーピー)

キューピーが開発したヒアルロン酸+グルコサミンは、関節痛によいとされているヒアルロン酸と、グルコサミンを効率的に摂取できる商品です。関節痛の原因となっている、磨り減った軟骨をサポートするのに効果的です。

公式サイトはこちら

第3位グルコサミン&コラーゲンセット(小林製薬)

長年の研究と経験値と高い技術力で小林製薬が開発したサプリメントです。こういったサプリメントなどの栄養補助食品は継続して、摂取していくことが重要です。グルコサミンとコラーゲンが配合されたサプリメントで、ビタミンCも含んでいるため

公式サイトはこちら

第4位天然型N-アセチルグルコサミン(UMIウェルネス株式会社)

膝や関節のクッションの役割を果たす「ヒアルロン酸」は年を重ねるごとに、減っていきます。このサプリメントはヒアルロン酸に変わるN-アセチルグルコサミンを摂取できるため、関節痛に対して効果のあるサプリメントです。

公式サイトはこちら

第5位グルコンEX錠(日本薬師堂)

ひざの痛みに悩む方に向けて日本薬師堂が開発したサプリメントです。医薬品「グルコンEX錠プラス」という商品名からも分かるよう医薬品としての側面も強く、日本薬師堂の薬剤師がサポート体制もしっかりしております。

公式サイトはこちら

Copyright(c) 2013 UC2で関節痛治療ならlifescience-biotechnetwork All Rights Reserved.