リウマチの薬を比較してみた

2014-05-10

リウマチの治療法としては、大きく薬物療法、手術療法、リハビリテーションがあります。

しかし昨今、有効性のきわめて高い治療薬が出現してきたことから、薬物療法がリウマチ治療の主体となっています。

薬の種類としては、(1)非ステロイド系抗炎症薬、(2)抗リウマチ薬、(3)ステロイド(副腎皮質ステロイド薬)、(4)生物学的製剤の4種類があります。

従来は非ステロイド系抗炎症薬をまず使い、それでだめなら抗リウマチ薬という順番が一般的でしたが、昨今は違います。

抗リウマチ薬をできるだけ早期から開始し、必要に応じて非ステロイド系抗炎症薬やステロイドを併用するというやり方が一般的です。

抗リウマチ剤は、ブシラミン、サラゾスルファピリジン、メトトレキサートなどがあります。

抗リウマチ薬の効果がみられたら、非ステロイド系抗炎症薬やステロイドは徐々に減量するか、中止をします。一方、抗リウマチ薬の効果が不十分な場合には、メトトレキサートを中心とする強力な抗リウマチ薬に変更し、それでも効果不十分な場合には生物学的製剤を併用することによって関節炎を抑えます。

それでは、それぞれの特徴について、簡単にご説明します。

抗リウマチ剤は、免疫調節剤や免疫抑制剤等があります。
抗リウマチ剤は免疫調節剤と免疫抑制剤の2つに分けられます。抗リウマチ剤は免疫の異常を調節して炎症や関節の破壊を抑える薬です。免疫調節剤は正常な免疫には影響せずに異常な免疫を抑える薬です

免疫抑制剤は、免疫調節剤とは異なり、すべての免疫のはたらきを抑える薬です。

次に、抗炎症剤は、インドメタシンやロキソプロフェン、ジクロフェナク等の痛みを和らげる効果のある非ステロイド系抗炎症剤 (NSAID)やプレドニゾロン、ペタメタゾン等の炎症を抑える効果の強いステロイド剤があります。

更に、最近では、インフリキシマブやエタネルセプト等の遺伝子工学と呼ばれる最先端の技術により開発された生物学的製剤も登場しており、今後の効果に期待がなされています。

商品ランキング

第1位UC・Ⅱ(日本メディカル研究所)

日本メディカルのUCⅡは、関節痛によいとされる、グルコサミンの中でも非変性2型コラーゲンというコラーゲンを効果的に摂取できるサプリメントです。アメリカでも注目されているコラーゲンで、関節痛でお悩みの方におすすめのサプリメントです。

公式サイトはこちら

第2位ヒアルロン酸+グルコサミン(キユーピー)

キューピーが開発したヒアルロン酸+グルコサミンは、関節痛によいとされているヒアルロン酸と、グルコサミンを効率的に摂取できる商品です。関節痛の原因となっている、磨り減った軟骨をサポートするのに効果的です。

公式サイトはこちら

第3位グルコサミン&コラーゲンセット(小林製薬)

長年の研究と経験値と高い技術力で小林製薬が開発したサプリメントです。こういったサプリメントなどの栄養補助食品は継続して、摂取していくことが重要です。グルコサミンとコラーゲンが配合されたサプリメントで、ビタミンCも含んでいるため

公式サイトはこちら

第4位天然型N-アセチルグルコサミン(UMIウェルネス株式会社)

膝や関節のクッションの役割を果たす「ヒアルロン酸」は年を重ねるごとに、減っていきます。このサプリメントはヒアルロン酸に変わるN-アセチルグルコサミンを摂取できるため、関節痛に対して効果のあるサプリメントです。

公式サイトはこちら

第5位グルコンEX錠(日本薬師堂)

ひざの痛みに悩む方に向けて日本薬師堂が開発したサプリメントです。医薬品「グルコンEX錠プラス」という商品名からも分かるよう医薬品としての側面も強く、日本薬師堂の薬剤師がサポート体制もしっかりしております。

公式サイトはこちら

Copyright(c) 2013 UC2で関節痛治療ならlifescience-biotechnetwork All Rights Reserved.