膝関節痛から想定される病気とは?

2013-11-24

膝関節痛とは、外傷や老化によって起こる痛みのことを指します。外傷以外のものとしてはリウマチや変形性膝関節症があり、程度が酷くなってしまうと、歩けなくなったり、介助がないと生活出来なくなったりする恐ろしい病気です。膝関節痛には、どのような種類があるのでしょうか。

 

原因から見ると、外傷によるものと、そうでないものと二つがあります。外傷が原因である関節痛は強くぶつけてしまったり、スポーツなどで酷使してしまったりすると生じる痛みです。痛みは強いですが、対象部位の運動を抑え、病院でしっかりと検査・治療してもらえば、悪化することはあまり考えられません。痛いときは、無理せずに運動量を抑えることが大切です。

 

恐ろしいのは外傷以外が原因となるもの。膝関節痛の際、想定される診断は
関節リウマチか、変形性膝関節症のどちらかが多いと言われています。関節リウマチの場合は、女性ホルモンが関連していると言われています。男性でも発症するので、女性ホルモンがすべての原因ではありませんが、発症している人が30代から60代の女性が多いことから、ホルモンが原因であると推測されています。

 

変形性膝関節症は、老化によって起こる可能性が高い病気です。老化が進むと体内の水分が減ってしまいます。膝の軟骨には約70%程度水分が含まれているのですが、老化に伴い年々減少していきます。軟骨が磨耗すると、膝の骨同士がこすり合い、変形してしまいます。結果的に痛みが生じてしまうのが、変形性膝関節症です。

 

膝関節痛

商品ランキング

第1位UC・Ⅱ(日本メディカル研究所)

日本メディカルのUCⅡは、関節痛によいとされる、グルコサミンの中でも非変性2型コラーゲンというコラーゲンを効果的に摂取できるサプリメントです。アメリカでも注目されているコラーゲンで、関節痛でお悩みの方におすすめのサプリメントです。

公式サイトはこちら

第2位ヒアルロン酸+グルコサミン(キユーピー)

キューピーが開発したヒアルロン酸+グルコサミンは、関節痛によいとされているヒアルロン酸と、グルコサミンを効率的に摂取できる商品です。関節痛の原因となっている、磨り減った軟骨をサポートするのに効果的です。

公式サイトはこちら

第3位グルコサミン&コラーゲンセット(小林製薬)

長年の研究と経験値と高い技術力で小林製薬が開発したサプリメントです。こういったサプリメントなどの栄養補助食品は継続して、摂取していくことが重要です。グルコサミンとコラーゲンが配合されたサプリメントで、ビタミンCも含んでいるため

公式サイトはこちら

第4位天然型N-アセチルグルコサミン(UMIウェルネス株式会社)

膝や関節のクッションの役割を果たす「ヒアルロン酸」は年を重ねるごとに、減っていきます。このサプリメントはヒアルロン酸に変わるN-アセチルグルコサミンを摂取できるため、関節痛に対して効果のあるサプリメントです。

公式サイトはこちら

第5位グルコンEX錠(日本薬師堂)

ひざの痛みに悩む方に向けて日本薬師堂が開発したサプリメントです。医薬品「グルコンEX錠プラス」という商品名からも分かるよう医薬品としての側面も強く、日本薬師堂の薬剤師がサポート体制もしっかりしております。

公式サイトはこちら

Copyright(c) 2013 UC2で関節痛治療ならlifescience-biotechnetwork All Rights Reserved.